メニュー

sumaho_top.jpg

 

 

ブランド戦略成功の基礎知識! 商品に対するブランド戦略とは?

ブランドというのは、拡張施策だけが全てではありません。
ブランド構築を行って拡張することはもちろん、より根強く浸透させる活動が必要となります。
そのためには、ブランド戦略は欠かせないものであり、それが無ければブランドは成立しません。
ここでは、ブランドに大事なブランド戦略の基礎知識をお届けします。

  1. ブランド戦略の必要性
  2. ブランド戦略方法
  3. ブランド戦略のメリット
  4. まとめ

 

1.ブランド戦略の必要性

6.png

消費者にとってブランドというのは、商品やサービス選択の判断基準の一つとなって います。企業側にとっては、競争優位に立つ重要なポイントであり、長期的収益の基 盤構築に繋がることでもあります。ブランド戦略は、企業の経営戦略と深い関連性が あるため、これは不可避の課題なのです。しかし、ブランドは一朝一夕で構築できず、 中長期を見越したブランド構築活動が必要になってきます。顧客にとってブランドが あることは、製品品質の判断基準、商品選定、心理的満足度を与える重要な役割を果 たします。また、企業にとっては顧客信頼を獲得して、安定的な収益を確保する基盤に なり、事業拡大の可能性、競合他社との競争優位を可能にするのです。ブランドの便 益、価値観、文化、パーソナリティー、ユーザーなど、消費者へ理解や評価されるまで には、ブランドとしての地道な努力が必要な時代となっています。ブランドというのは、 個別の売り手、或いは、売り手集団の財やサービスを識別させることで、競合の売り 手製品やサービスとの差別化の名称です。また、ブランドは特定のファンがいるのも 特徴です。競合商品と区別はもちろん、ファンを作る役割も担っているといえます。オ ンリーワン商品として消費者に想起され、親しみや愛されることがブランドなのです。

6.png

2.ブランド戦略方法

「ターゲットを決める」
ターゲットを決めるというのは、自分の会社の強みを理解して、ターゲットユーザーを明確化することです。ブランディングでは、ターゲットの見極めが成 功のカギを握るといっても過言ではありません。自分の会社の強みといっても、的確に捉えることは難しいものです。そこで、正しく自分の会社の強みを 知るには、SNS分析が有効です。たとえば、TwitterやInstagramなどを活用し、自分の会社に関するユーザーの声を収集し、その内容を分析すること で、自分達の強みが見えてきます。 また、ターゲット層を決める際にもポイントがあるので押さえましょう。まず一つ目は、自社、競合、顧客をそれぞれリサーチして、戦略を考える分析手法 です。外部要因の市場と競合と、内部要因の自社を見ることで、自社の強みと弱みが明確化されます。分析結果は、ターゲット層を決定する一つになり、 ブランディングをサポートします。次に2つ目は、企業の内部環境の強み・弱み、外部環境の機会・脅威にカテゴリー分けし分析します。このようなマーケ ティング調査・分析を行うことで、ターゲット設定をより行いやすくなり、ブランディング成功へと導くカギとなります。

「ブランドの個性・特徴の明確化」
ブランド戦略では、ブランドが持つ個性・特徴の明確化は大切な要素です。ブランドの個性・特徴というのは、ブランドのイメージ、価値、存在などです。ブ ランドとしての核でありブランドらしさが大切になる部分です。個性・特徴の明確化では、自分の会社の強みを生かす内容であることが大切です。競合市 場では、他社が真似できない自社独自の強みを発掘し確立しましょう。

「ブランドの情報発信・PR」
ブランドの個性・特徴が決定したら、実際のコピーやデザインなどに落とし込む作業を行います。これをブランディングデザインと私たちは読んでいます。 完成した自社ブランドをターゲットに情報発信することが大切です。ターゲットに認知してもらうことがブランディング成功への道になります。その大切 な要素には、象的ブランドメディアと可視的ブランドメディアが挙げられます。象的ブランドメディアは、ブランドアイデンティティを象徴するメッセージ やデザインです。キャッチコピーやロゴマークなどが挙げられます。また、可視的ブランドメディアは、キャッチコピーやロゴマークを具体的に目に見える モノにする手法です。可視化の方法には、パッケージ、WEBサイト、動画、OOH広告、紙媒体など、色々な形で宣伝することが挙げられます。ターゲット がどの様な媒体等から情報収集しているのかというコンタクトポイントをマーケティングで調査・分析し、最も効果的なアプローチができるものを選び ましょう。

「ブランド戦略を成功に導くコツ」
自社の強み、ターゲットの明確化、コンセプト、PR手法、これらを意識しながら、ユーザーを大切にして意見を反映させる、これらのポイントは押さえまし ょう。ブランド戦略の成功には、自分の会社の強みを活かしたブランドであることがポイントです。また、ターゲットを明確化すれば、ブランドコンセプト がブレることはありまあせん。獲得ユーザーを大切にし、ブランドのファンになってもらうことができれば、長期の売り上げにも繋がっていくものです。フ ァンが離れて行かないためにも、PR手法には注意を払いましょう。

7.png

3.ブランド戦略のメリット

8.png

最も大きなメリットは、商品の差別化ではないでしょうか。ブランドへのプラス感情が 生まれていると、ユーザーは似たような商品を比較しますが、自分の好きなブランドが 存在するとその商品をなるべく購入するようになります。ブランド力があるだけで、市 場における競合との差別化が図れ、優位に立つことができます。それは、まさに指名買 いであり、ブランド戦略成功ともいえます。ブランドとしての付加価値が付くのがブラ ンド戦略なので、価格競争の回避が可能です。ブランドが確立できていれば、競合商 品より高価でも購入してくれるからです。そして、自社ブランドを気に入ってくれるよう になると、リピート率アップも倍増します。ブランドから顧客が去ってしまうことがない ので、長期的に顧客確保が可能になります。自社製品を長く使ってくれれば、利益確 保もできるようになるでしょう。それに、情報発信・PRのコスト削減も可能になります 。ブランドが多くの方に知られるようになって、知名度がアップすれば、販売するだけ で売上につながったり、新規顧客獲得ができたり、大きなPRをする必要もなくなりま す。 ブランドとして、オンリーワンの個性・特徴を世間に対して広めていくことができれば、 より多くのユーザーが自社ブランドを求めてくれるようになります。自社ブランドのイ メージも広く認知されるようになっていくので、信頼感も生まれて長期的に集客と利 益に良い効果を生み出すことができるのです。

8.png

4.まとめ

ここでは、ブランドに大事なブランド戦略の基礎知識をお届けしてきましたが、いかがでしたか?ブランド戦略というのは、ブランドの価値を高めてユー ザーへ訴求し、競争優位獲得のための活動です。ブランディングの成功には、徹底したブランド戦略は必要不可欠といえます。しっかりブランディングが 確立できれば、ブランドの安定した売り上げと新規顧客の引き寄せにも繋がっていきます。ブランド戦略の立案ポイントやブランド戦略が成功した際の メリットはとても大きいです。皆さんも、明確なブランド戦略を行い、唯一無二のブランドを確立してきましょう。